手作りの温もりが、そら(空→くう→ku)いっぱいに、かぜ(→風→ふう→fu)のように広がりますように…。


by happy_ku_fu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

独り言。

◎今日は、少し蒸し暑かったですね。
つい最近まで、肌寒いと感じていたのに、何だか不思議です。

◎さてさて、今日は、私の体調のことを中心にお話させてもらいますね。
前回の記事冒頭の「健康の大切さをひしひしと感じるようになった」理由も含めて。

◎今、私は今まで自分がしてきたことを心底反省しています。
両親からいただいた大切な身体を、
自ら痛めつけてきたことへの後悔がとっても大きい…。

この今を、最大のチャンスにしたいから、
少しだけ、書き記しておこうって思います。

どうか、軽~いキモチで、
目を通していただけたら幸いです^^

◎さかのぼること、かれこれ、16年前(14歳)の頃、
私は食べることを拒むようになりました。
食べることを自ら拒む…
そう、
これが摂食障害(拒食症)との格闘の日々の始まりだったのです。

身も心もボロボロなのに抜け出せない…
要因は様々ですが、
私の場合は、
寂しさやら、自分への自信のなさやらが重なったというか…

◎それでも、
何とか抜け出せそうになった時期もありました。
それが、26歳の春☆
小さな焼き菓子屋さんを始めたときが、
今までの中で人生最大の追い込みモードだったな~。
頑張っていれば、
周りの人たちは手を差しのべてくれることを経験できた時期でもありました。
人の優しさにたくさん救われました。
そのおかげで、
笑顔がない自分から、
パワーに満ち溢れた自分に変われたような気がします。

◎結婚してから、
環境の変化に心も体もついて行けず、
食べることを楽しめるときと、そうでないときの波が激しくなってしまって…><
特に、
昨年の年末から今年の年始にかけて、
いろんなことが重なり、ガタガタ~っと体調が崩れてしまいました。
そして再び、食べることを拒もうとする自分に出会ってしまったのです。
そのせいで、
一段と体力が落ちたわけで…。
一段と胃も小さくなってしまったようです。

◎食べることを拒むということ…
私は、心のsosを
食べないことで、周りに発信していたように思います。

と、同時に、
自分に対する自信のなさの穴埋めでもありました。
勉強も、運動も、努力をしても優れた結果を出すことできなかったけれど、
我慢して食べないでいれば、自由に体重を操れるから…。

こうやって、歪んだ努力と歪んだ目標しか見えなくなっていたのです。

一度身についたこのクセ(習慣)は、
ココロ中、カラダ中に根っこを生やしてしまったようで、
知らず知らずのうちに16年間、生やしっぱなしだったわけです(涙)

◎かまってもらいたくて、いたわってもらいたくて、自信が持てないからって、
か細いカラダでいようとするのはもうやめたい。
言葉で解決できることは言葉にしよう。
それでもだめなら、あっけらかんと、笑いで吹き飛ばせる
臨機応変さを身につけよう!

◎何度も抜け出したくて、でも、抜け出せなくて…
やっと、
今(気がつけばもう30歳~!!)、
このキモチが最大になりました☆
(チャンスをピンチに変えるのが得意な私の大好きな言葉は)、
「ピンチはチャンス」☆
どん底に落ちたら、
後ははい上がるしかないっ!
そうっ、
どん底に落ちたからこそ
はい上がれるっ!
そうそう、
頑張りたいときが
頑張りどき~っ♪

心の奥には
食べること、作ることを楽しみたい自分もいるんです。
この病に発症したおかげで、出会えた素敵なこともたっくさんありました。
生きること、食べることの大切さや楽しさを発見できたこともその一つ。
こういうことを思い出して、
また新たに、スタート地点に立ちなおしたいって思います☆

少しずつ、食べる量も増やし、
胃もたれと格闘しながらですが、
今を乗り切りたい。

◎省エネな身体になり、きっと体質は太りやすくなっていると思います。
今も、ものすご~く痩せてるというほどでもないかな。
でも、もう太ることを恐れて食べる量を減らすことはしたくない。

身体が素直に欲する栄養を、素直に摂り入れて、
素直に美味しいと感じたい。
そして、食べた後は、美味しかったよと笑顔で終わりたい。

栄養を吸収してると、
きっと、
外を歩いても、
家事をしてても、
大好きなお菓子、パンを作ってても、疲れない身体になるはずだから…
そして、その先には笑顔の世界が確実に広がる…

明日も、
楽しく、美味しく、
ありのままに、食べようって思います。
そして、
いつも温かく、時には厳しく接してくれる、
一緒に暮す主人と実母にも感謝して、
楽しく、美味しく、
ごはん作りを満喫しようって思います。

◎摂食障害の症状や要因は人それぞれです。
ここでお話した内容は全て、自分の場合という前提です。
同じ病に苦しむ人たちが、決して、私と同じ症状だとは限りません。
どうか、この私の発言で、傷ついたり、プレッシャーを感じたりしてしまったなら、ごめんなさい…><
でも、きっとたくさんの方が、この病で苦しんでいると思います。
それでも、明るい未来が待ってることを忘れないでほしいって思います。

◎ハラハラ、ドキドキしながら、書き記し、気付けば、字だらけ~(汗)
そんな私のまとまらない独り言にお付き合いしていただきありがとうございました。

今日は少しだけ真面目なお話をさせていただきましたが、
これからも、気軽に遊びに来てくださいね。
また、お菓子とパン中心になると思います(●^-^●)
[PR]
by happy_ku_fu | 2012-06-01 21:44 | 私のこと